腹部・頸動脈・心臓エコー

臓器の不調は目に見えないため、体調不良などによって不安を感じている患者さんは
多いものです。超音波を使って極めて鮮明な画像で患者さんに全く害なく、
さまざまな臓器の連続した断面像が得られます。

        • onpa.jpg

腹部エコー

 腹部エコー(腹部超音波検査)は、腹部に超音波を入射して腹腔内の臓器や
組織から返ってくる反射波を受信、受信信号をもとに腹腔内の臓器や組織を画
像化して診断する検査です。腹部エコーは検査時に痛みもなく、X線撮影のよ
うな被爆の危険もないため「安全な検査」とされています。

 腹部エコー(腹部超音波検査)では、肝臓や胆嚢、膵臓、腎臓、脾臓などの
いわゆる上腹部臓器や消化管、そして膀胱、前立腺、子宮、卵巣などの下腹部
臓器の検査も行えます。

頚動脈エコー

 頸動脈エコー(頸動脈超音波検査)は、超音波によって血管内腔の形状や血
管内膜面および血管壁の状態を観察できる検査です。近年、脳梗塞や一過性脳
虚血発作の原因として挙げられている頸部血管の動脈硬化も、頸動脈への超音
波検査によって早期発見が可能です。

心臓エコー

 心エコー(心臓超音波検査)は、高周波数の超音波を心臓に発信し、反射波
によって心臓の様子を画像に映し出して診断する検査です。現代の「突然死」
の原因は、そのほとんどが心臓発作を始めとした突発性の心臓疾患となってい
ます。心臓の異常を早期発見するために心エコーは非常に有効です。