選べる胃内視鏡検査

当院では、ご希望にあわせて内視鏡の種類をお選びいただくことができます。
内視鏡が初めての方や苦手の方には、「経鼻」内視鏡検査を、
また精密検査やより高画質の検査をお望みの方には「経口」内視鏡検査をお勧めします

          • nbi.jpgNBI電子内視鏡システム(左)と内視鏡洗浄消毒装置(右)

NBI内視鏡システムを導入しています

当クリニックで採用している内視鏡機器はNBI(Narrow Band Imaging
= 狭帯域光観察)と呼ばれる特殊な光を用いることもできる内視鏡検査
です。NBIにより粘膜表層の毛細血管が強調して表示されるので小さな病
変も発見しやすくなります。

早期がんではまず粘膜表面の毛細血管が増える、拡張するといった毛細血
管の変化が表れるので、通常の検査ではまだわかりにくいような病変もN
BIにより発見しやすくなるのです。

これまでは病変をはっきりさせるため色素をまいて内視鏡観察する色素散
布による精密検査が行われていましたが、食道がんの早期発見に役立つ色
素検査は、胸やけなどの刺激症状が出るなどの苦しい検査でしたが、NBI
を利用することにより苦痛なく精密検査することが出来ます。

※下の写真は当クリニックでの食道のDysplasia <前癌病変>
の症例です。(→矢印の部分が病変)

  • nbi4.jpg

厳密な内視鏡の消毒で院内感染予防

内視鏡についてはブラッシングを含めたスタッフによる洗浄の後に、高レ
ベル消毒として正式に承認され、人体毒性のない「過酢酸」を用い、自動
洗浄消毒器により一例一例、十分な洗浄・消毒を行っています。
また、組織検査やポリープ切除のために使用した処置具は超音波洗浄器で
洗浄後、高圧蒸気滅菌処理にて完全無菌にて使用しております。どうぞご
安心ください。