血圧脈波検査(PWV/ABI検査)

血管の硬さと狭窄を知ることができます。
閉塞性動脈硬化症の早期発見や血管年齢がわかります。

  • myaku.jpg

動脈硬化の早期発見に有用

 当院では、動脈硬化の新しい指標であるPWV(脈波伝播速度)、ABI(足関節
上腕血圧比)などを測定します。手足の血圧と脈の伝わる早さを測定することに
より、手足の動脈の閉塞の有無や血管のしなやかさがわかります。検査は15分
程度(測定時間は5分)で行えます。

 血管は加齢とともに硬くなり、血液中の脂肪などが付着すると血管の内壁を厚
くします。この状態を「動脈硬化」といいます。血管が狭くなったり栓ができた
りして血液が流れにくくなると、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こしや
すくなります。特に肥満症、高血圧症、高脂血症、糖尿病(血糖が高いと血管が
弱くなりやすい)、喫煙がある場合は、心筋梗塞や脳梗塞、閉塞性動脈硬化症の
原因となります。
 動脈硬化を早期発見し、程度を適切に評価することは、これらの疾患の予防にと
って大切です。