COPD(慢性閉塞性肺疾患)

投薬で胃がんのリスクが3分の1に!


「COPD」とは、従来「肺気腫」および「慢性気管支炎」と呼ばれてきた病気です。
その症状は労作時の呼吸困難、慢性の咳や痰です。放置すると肺機能の低下が進み、呼吸不全を起こして日常生活が著しく制限されます。
我が国での疫学調査によると、治療を受けている患者数は21万人程ですが、推定患者数は530万人とされ、有病率は40歳以上で8.5%と高いことが示されました。また死亡者数は年々増加しており、WHO(世界保健機構)の統計では、世界の死亡原因の第4位にランクされ、今後も更に患者数と死亡数が増えることが予測されています。
 COPDの主な原因は喫煙で90%を占め、そのため「タバコ病」とも呼ばれています。ゆっくり進行するため、異常を感じて受診した時には重症に陥っている場合が多い「肺の生活習慣病」です。
 診断には肺機能検査やCT検査が有効です。COPDでは肺がんの合併も多いのでCT検査は重要です。
当院では、肺機能検査から肺年齢を測定したり、肺気腫解析ソフトを用いたCT検査(写真)でCOPDを早期に診断して、治療につなげています。
 治療は禁煙が最も重要で、当院では禁煙外来で禁煙のための治療を行っております。COPDの方はインフルエンザや肺炎にかかりやすく、重症化しやすいので、それらのワクチンの接種が勧められます。また日頃から栄養を十分にとり、適度の運動をして体力をつけておくことも重要です。

cord.jpg

H27/5月 朝日サリー投稿